2017-09

「若葉町の家」-森と向きあう家- 工事完了しました


若葉町の家11-1   若葉町の家11-2   若葉町の家11-3   若葉町の家11-4
◆2009・11・6
工事完了しました
内装・造作工事も完了し、本日、完了検査を受け合格しています。
今後、各機器類の最終調整と試運転などを行い、建て主様に引き渡すことになります。
また、11月14日(土)・15日(日)にはオープンハウスを開催します。
みなさま是非ご来場いただき散歩しながら森林からもご覧になって見て下さい。
(見学申込みは、弊社HP  www.a-spazio.com  からお申込み下さい)

左:敷地南隣接の森林遊歩道を含む全景写真。
左中:ダイニングキッチンからダイニングテラス越しに森を見た写真。
右中:キッチンからダイニング越しにリビング方向を見た写真。
右:寝室カウンター越しに森を見た写真。



 

若葉町の家10-1 
◆2009・10・31
外部足場解体
屋根・外装工事が完了し、今週初めに外部足場が解体撤去されました。
車の往来が多い道路側に閉じて、南側の森林に開き関係性を深めた建築形態をとっています。
11月14日(土)・15日(日)にはオープンハウスを開催することになりました。
後日HP上でお知らせいたしますので皆様ぜひご来場願います。




若葉町の家9-1    若葉町の家9-2    若葉町の家9-3
◆2009・10・20
内外造作工事
完成まで残り一ヶ月の工期を残し、だいぶ住まいのカタチが見えてきました。
左:寝室のワイドな出窓カウンター越しに森を見た内外の景色。
中:2階テラスから見た森の景色。
右:ガレージから見た森の景色。右側の窪みが玄関になっている。



 
若葉町の家8-1    若葉町の家8-2    若葉町の家8-3
◆2009・9・17
断熱気密通気工事
現在、外部断熱アルミ樹脂製サッシを取り付け後、外張断熱気密工事中です。
断熱材は高性能のフェノール系断熱材を使用し、機密テープで隙間ないよう施工してます。
同時に外周に通気層を設けることが重要で、床下-外壁-屋根まで断熱・通気層を施しています。

 

若葉町の家7-1    若葉町の家7-3    若葉町の家7-2
◆2009・8・28
中間検査合格
過日、小屋組みや耐力壁と金物類の取り付けが完了しましたので認定機関の検査を受け、中間検査合格しました。
今後は、外張り断熱工事・サッシ取り付け工事に移行して行きます。




若葉町の家6-1    若葉町の家6-2    若葉町の家6-3
◆2009・8・20
上棟式
-森と向きあう家-は、晴天に恵まれた良き日に上棟し施主様の計らいで式典も行いました。
道路と森の間に建つ長さ17m近いこの住まいと森とが繋がるような計画になっています。
左:道路北側から見た全景。
中:森側から見た全景。
右:寝室から森方向を見る。





若葉町の家5-1    若葉町の家5-2    若葉町の家5-3
◆2009・8・4
基礎工事完了
天候不純な日が続きましたが、昨日、基礎工事が完了しました。
道路との段差を活用して、ガレージ・リビング床とダイニング床とをステップ状に繋いでいます。
左:基礎全景写真。奥の道路レベル部分がガレージとリビングスペース。
中:ガレージテラスからダイニングテラスを見る。
右:森から見た基礎全景。左右に森に飛び出したステップ状のテラスが見える。




若葉町の家4-1 
◆2009・7・14
実施設計模型 S=1:50
森側から見た水路越しの南側全景写真。
1階は、水路に張り出すダイニングテラスとガレージテラスとがステップ状につながっている。
2階は、5.3m巾の窓がある寝室と3m巾開口のあるテラスとが森と向き合い、ここにしかない自然と住まいの関係性を創り出している。




若葉町の家3-1    若葉町の家3-2    若葉町の家3-3
◆2009・7・13
基礎工事
杭打ち工事を経て、砕石転圧・防湿シートを敷き捨てコン打設後に、現在ベタ基礎鉄筋工事を行っており、本日、立会い配筋検査を無事終了しました。
建築全体の配置と規模、そして森との位置関係が少しずつ見えてきました。




若葉町の家2-1   若葉町の家2-2   若葉町の家2-3
◆2009・6・29
PC杭工事
「若葉町の家」は6月末に地盤補強として杭打ち工事から着工しました。
地盤調査を経て安全性をより高めるため「H型PCパイル杭」を基礎ベース下に5m程打込みます。




若葉町の家1-1
◆2009・5・20
地鎮祭
三角形状と段差のある敷地で、団地内の保全林に隣接した「若葉町の家」は、建て主様立会いのもと無事「地鎮祭」を執り行いました。
今秋の完成を目指し、-森と向きあう家- を主題とした住宅建設がいよいよ始まります。
中央が敷地、右が保全森林、左は一段高い道路。 
 

 

スポンサーサイト

「若葉町の家」 -森と向きあう家- 計画模型を公開しました

「若葉町の家」は、北東側前面道路から一段低い鋭角な三角形の敷地で、南西側水路越しに保全林が一望できる、団地内にありながら特殊な立地を成しています。

この住宅は、その森林を我が家の自然庭園と捉え、日々森と向きあいながら四季を楽しみ、豊かな時を寛げる住まいとすることを目指した計画としています。
また、敷地段差を室内にステップフロアーとして取り入れ、インテリアとライフスタイルに変化と彩りを与えています。

写真左:森林側から見る。1階LDKと2階寝室は、大きな開口を通じて森と繋がる。
写真右:三角形の敷地にL字プランとして、森と向きあうプライベートなテラスを創出する。

若葉町の家1-1    若葉町の家1-2

«  | HOME |  »

プロフィール

spazio

Author:spazio
SPAZIO建築設計事務所
(スパジオ建築設計事務所)
仙台の設計事務所です。
ホームページはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する